Set Primary menu by going to Appearance > Menus

web業界で活躍できるエンジニア系職種

web業界は、IT業界の中でも知名度の高い業界です。
もしこの業界に入りたいというのなら、実は様々な入り方があります。

ひとつはフロントエンドエンジニアです。
これはブラウザに表示されるための言語であるHTMLやCSSといった言語を使い、表示されるものを綺麗に整えたり、デザインを整えたりするのが仕事です。
最近はJavaScriptというスクリプト言語を使って表示される内容をしっかり整えられる人が求められています。

職種としては、サーバーサイドエンジニアも人気があります。
これはPHPやLinuxといったサーバーサイドの言語を使い、表示される前の処理をどうするか決めたり、サーバーの管理などを行うのが基本的な仕事です。
また、データベースを維持したり、定期的にウェブサイトから見えない範囲の管理や運営を行い、サイトを見るときに何もエラーや問題が起きないように管理します。

システムエンジニアもweb業界に求められていますが、基本的にサーバーサイドエンジニアと兼任することが多いでしょう。
この場合、サーバーサイドで使う言語とシステムサイドで使う言語をそれぞれ使いながら、システムを作ったり、運用したり、定期的に修正をしたりします。
この仕事は特に何らかのwebシステムを作る時に活躍することが多く、Ajaxやデータベースなど、いろんな言語を使います。
基本的なプログラミングを理解していれば、いろんなシステムを作ったり、関わったりすることができます。
もっとweb業界について深く知りたい方は<<<今後のWeb業界の動向を探る>>>参考にすると良いでしょう。

No Comments

Leave a Comment