Set Primary menu by going to Appearance > Menus

web業界の職種とはどのようなものなのか

web業界といっても、そこにはいくつかの異なる職種というものがあります。
比較的よく知られているところでは、htmlによる画面デザインを行うwebデザイナーと、webアプリケーションと呼ばれているサーバーサイドのプログラミングを行うwebプログラマーとがあります。
このwebデザイナーとwebプログラマーとでは、同じweb業界での職種ではあるものの、その仕事の内容も役割も違っていますし、そのために求められる知識やスキルも異なっているのです。

webデザイナーであれば、htmlの知識とweb画面のデザインセンス、スキルといったものが求められます。
webプログラマに求められるものは、サーバーの機能を実現するプログラムを作成するための知識とスキルといったものなわけです。
このwebデザインとwebプログラミングとは、互いに密接に関連し合っているものでもあるので、この役割分担を明確しておかないと混乱を招いてしまって非常に効率の悪い開発プロジェクトになってしまうことになります。

このために、モデル(M)、ビュー(V)、コントローラ(C)というMVCによる役割分担によって、効率的なwebアプリケーションを開発するという手法が採られるようになっているのです。
この開発手法をとることによって、webデザイナーとwebプログラマーとが分業してそれぞれの仕事を進めて行けるようにして、作業の混乱や非能率さを避けられるようにしているのです。

No Comments

Leave a Comment