Set Primary menu by going to Appearance > Menus

web業界の職種について

web業界と一口に言っても、様々な職種があります。
Webデザイナー、Webディレクター、プログラマーなどが代表的なものです。
この業界で求められる人材は、主に二種類あります。即戦力のある実力型タイプと、コミュニケーション能力の高い人間的に魅力のあるタイプです。

即戦力タイプは、売上や成果に直接繋がるようなITの知識や実力があり、常に上を目指すタイプです。
このタイプは、とても忙しく社内で人材やリソースが足りていなくても、切り抜けていけるというメリットがあります。
しかし、実力型の人は経験やスキルが既にあるので、いざ上の立場に立つと、目標を見失ってしまうかもしれません。

これに対して、人付き合いのうまい人間力の高いタイプの人間は、一緒に仕事する人とうまく友好関係を築き、自然とキャリア・スキルアップにつなげていく事ができるのです。
また、周囲の人間の影響力によって自ら改善しようと努力するのです。
結論として、どちらがweb業界に向いているかというと、この二つのタイプの両方をバランスよく保ち、それと同時に高い技術力を持つ人が業界で成功しやすいのでしょう。

web業界では、一から何かを生み出すという作業が多く存在します。
それに従い、お金であったり、知名度であったりという個々人の目標が存在します。
業界で成功するには、これらの目標だけでなく、技術や人を楽しませるというユーモアといった要素も大事になってくるのかもしれません。

No Comments

Leave a Comment